2013年07月16日

生きる

何が一番大事で
何をする為に 息をしているのか

たまに忘れる

生きる為に 息をするなんて
カン違いも甚だしい

やる事もやらずにいるなら
いっそ 息など止めてしまえ
posted by ちり at 14:01| 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

倒れて見えた空



突っ走る質だから 偶に
もんどり打ってズッコケて
自分がどこに走っていたかも解らなくなる

立ち上がるのにヤケに時間が掛かる

相変わらずバカだなぁ〜って 思って
少し可笑しかった

そんな時に 空に煌めく星は信じられないくらいキレイで
起き上がれないでいる自分を静かに見ていてくれる
いつもソコに居てくれる

なんで どうして ソコに居てくれるの?
こんなにどうしようもない自分の空に…


泣きたくなるのは 死ぬほど苦しい時じゃなくて
こんな風に ふと 自分を取り巻く温かい力を感じる時

叫びたくなるのは ドロドロ渦巻く憤りの言葉じゃなくて
「ありがとう」
「だいすき」
「がんばるょ」


自分の心を律して導いてくれる
全ての人や物事に感謝と尊敬を

posted by ちり at 10:32| 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

世界のバランス

水と 空気と 太陽と 地球と 時間が
この絵を造ってくれていると感じる

甘えや傲慢が
その繊細なバランスの境界を濁らせる

この世界を満たしている雑音や
混濁した霧に惑わさせる事無く
そっと耳を澄ませて
じっと目を凝らして
そのバランスの隙間に静かに線を置く…

そんなふうに描けたら
自分の目指す場所へ
きっと
もっと近づけるのに
posted by ちり at 10:35| 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

今はここに こうなっている

はじまりがあってから
ずっと止まらない時間が加わって

連鎖的に何かが起こって
意志で捻じ曲がって

今はここに こうなっている

そうなった事に意味が在るなら
順番にも意味が在る筈

今でなくちゃならない
ここでなくちゃならない

今はそれどころじゃなくて
もっと別の所へ行きたくて
だけど 今ここで起こった事に向かわなくちゃならない

そうする事が未知の自分を創っていくなら
それを未来に見に行こうじゃないか!
posted by ちり at 01:49| 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

全てを含んで 過不足無く

汚いものは 在るのか
そう想うから 汚いのか

悪いものは 在るのか
そう想うから 悪いのか

間違いは 在るのか
そう想うから 間違いなのか



在るべき様に…
そこに起こる全てを



 続きを読む
posted by ちり at 00:22| 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

自由の平原

とてつもなく大きな壁を越えて、次にどんな壁が来ても絶対越えてやると意気込んで、辿り着いた先は空虚な平原だった。

思わず立ち止まって、その時初めて想い知った。
目の前に必ず壁があるという考え自体が、甘かったという事を。

壁も足を取られる岩場も見当たらない、ただ何処までも自由で平和な平原を前に、恐怖で足も出ないなんて…何てオカシナ事だろう。

こんな自由を求めていた筈では?
最期の場所を、決めていたのでは?

ここに正しさなど、求められない。
ここに目印など、在りはしない。

だけど、決めた場所へ歩き続ける事を自ら止めるつもりはないから、どんな場所だったとしても、愛でていこう。
いつ歩けなくなっても良いように、今、自分の在る場所に覚悟と信念を。
posted by ちり at 09:39| 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする