2012年12月11日

タツコン−

今日は、アトリエがとても寒かったです(>_<;
なんとマイナス3℃!信じられない!
幾ら日当たりが悪いとは言え、冷え過ぎです。。。暖房を使用していても手が悴んで制作が辛いです。


tatsukon02_500.JPG先週末から始まった「タツコン」に行って来ました。
約100点の作品の中から、4点の作品に投票してきました。
素敵な作品ばかりで、どれに投票しようか迷いに迷って…結局、立体の作品2点と平面作品2点に投票しました。
立体で他にも気に入った作品が何点かあったのですが、立体作品ばかりに投票するのもな〜と思いまして(^^;








tatsukon01_500.JPG















今回は、自分の作品にも投票可能との事でしたが、もっと他に良い作品いっぱいあるし(^^;10票位投票出来たら自分のにも入れたかも知れませんが、今回の自分の作品はとてもそんなクオリティではありませんでした。反省。
本当にもう、見るに忍びない位で、お恥ずかしい。

ちりの作品はショボイのですが、他の皆さんの作品はスゴイの沢山ありますので、是非是非ご覧になって下さい(^^
ちりも余裕があったら、もう一回見に行こうと思います。

それと、今回新しくポストカード何点かと、塗り絵を置かせて頂きました。
ちりの作品を参考に(なるのかな?汗)可愛く彩色して下さい!

yume550.JPG



















今回のテーマは「夢」でした。

この作品のタイトルは、「夢/現」(ゆめ/うつつ)です。
夢と言うテーマの捕らえ方も、作家それぞれの個性が出ていたと思いますが、ちりの場合は人生の最期に辿り着きたい場所という意味での夢を想い描きました。
それは、精神世界での場所であって、具体的にココ!という場所は無いのですが、参考にしたのは以前旅行で訪れた屋久島の森です。
屋久島の森は、今のところ自分の理想の森に最も近いのです。

精神世界の事を絵に描いてしまうと、どうも「何か違う」感じになってしまうのですが、それはちりの表現力の無さから来ているのか、どうなのか(>_<;
元々、自己表現(内面表現?)というものに、大して魅力を感じていないちりなので、こういった絵を描く事は珍しいのです。自分で言うのも何ですが。
自分の内面の事は、自分だけのものにしておきたい派です。

なので、ただ単に塗り絵として楽しんで頂ければ本望です。
そう想って描きました。
「作品にしよう!」と想って描くより、気持ちが楽だったのでしょう(^^
posted by ちり at 22:12| Comment(6) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちりさん

クリマではちりさんのブースを興味深そうに覗き込むひとが、やっぱり多かった印象です。あの膨大な出展者のなかで足を止める、作品を購入する…というのは、直感に響く何かが<存在している>んだと思います。そういう意味で、クリマは自分の作品を客観的に知る場にもなっているようですね。
タツコン、多彩な作品があり、楽しめました。「夢」というお題があったので、それをどう捉えて、どう表現するのか、そこに大きな違いが出て、興味深いアートコンペになっていました。ちりさんの作品タイトル「夢/現」が、ちょっと意味深な世界に誘うような表現で、まんまと「夢と現って、私にとっては境目が曖昧というか、日常でどっちにも行き来しているなぁ…。」なんて、絵の世界に引き込まれ、そして勝手な妄想まで膨らみました(*_*;
作品の力というのは、日常から<気持ち>を一歩引き離してくれるようなもの、かもしれませんね。平日の夕方ですいていて、オーナーさんともお話ができ、作品もゆっくり鑑賞できて、良い時間が過ごせました。ご案内、有難うございました。塗り絵、夢/現を行き来しつつ、楽しく塗ります!
Posted by りこ at 2012年12月14日 13:26
−−−−−
りこさん
−−−−−
展覧会にお越し頂き、ありがとうございます(^^

実は、当初この絵のタイトルは「魂の境界線」でした(^^;
しかし、解り辛く暗い印象を与える上に、語呂が良くない感じがして、描き上がる直前に変更しました。
夢と現の間の/は、当初のタイトルの名残です。

タイトルは、作品のコンセプトを表現するものだと思っているので、いつも大事に考えています。
と言って、ちりの場合あまり悩んだりしないのですが…(^^;描いている間に浮かんでくるのです。
それか、既に構想の段階で仮タイトルが付いているのが普通です。大抵その仮タイトルのまま変更しない事が多いのですが、今回は珍しく悩んで変更しました。
それで良い感じにりこさんに伝わった様で良かったです。

塗り絵をやってくれた友達が、「絵を理解しないと上手く塗れない」と言っていたのがとても印象的でした。
ちりの考えている事とか、癖とか、全部知られてしまう様な感じがして、ちょっと恥ずかしいな〜なんて思ったり(笑)

りこさんが塗る「夢/現」楽しみにしています!
−−−−−
Posted by ちり at 2012年12月15日 01:48
ちりちゃんおひさー。彩色の作品、力強くて素敵☆
いいなーまた展示教えてね^^
Posted by おおたゆか at 2012年12月16日 12:11
−−−−−
ゆかちん
−−−−−
久しぶり〜(*^o^*
書き込みありがとう!

コレ本当は、もう少し薄いかも…(汗)
見易くする為に、画像処理してちょっと濃くなってます☆
塗り絵だからって色鉛筆で塗ったけど、水彩とか色んな画材使っても良かったな〜と後から思いました(^^;

来年は、栄でグループ展やるょ〜
案内送るね!
−−−−−
Posted by ちり at 2012年12月16日 19:09
タツコンお疲れ様です☆
写真を観て、すごく素敵だなぁと思いました。
精神世界を描くってすごいです。
私も同じテーマで、ちょっとイラストでも描いてみようかと思いました。(ド素人ですが;)

最近夫の名古屋出張が増えたので、
いいなー。と思っています。
私だったらちらっとでも名古屋のグループ展に観に行くのになぁ、なんて思っています(笑)
Posted by KANA at 2012年12月16日 23:15
−−−−−
KANAさん
−−−−−
ありがとうございます(^^

ちりの場合の精神世界は、超自然的で、一見現実と変わらない様な感じなのですが…皆さんどんな感じの世界をお持ちなんでしょう?
是非、見てみたいです。

昔は、それこそ頻繁に精神世界に遊びに行っていたちりですが、大人になってからはその頻度もスッカリ少なくなってしまいました(>_<;

あの鮮明な色彩と光の世界が、絵に描けたらどんなに良いかと思いますが、難しいものです(^^;

空気とか、重力とか、自分の肉体とか…そういうものが邪魔をして、真実を濁らせているみたいです。
もっと自由で在れたら良いのに。。。

ご主人様は出張が多くて大変そうですね。
最近、周りでノロウィルスが大流行しています!
お体にお気をつけて〜余計なお土産貰わない様にして下さいね(笑)
−−−−−
Posted by ちり at 2012年12月19日 01:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。