2010年01月28日

旅の記憶--------

今回は、屋久島の動物を紹介します。



屋久島に行ったら是非、ウミガメには会いたいと思っていました。
でも、ウミガメツアーの予約は既にいっぱいで、灯台の上から泳いでいるのをチラッと見た程度で、残念でした。

砂浜に行くと、ウミガメの歩いた跡や、穴を掘りかけた跡が残っている場所もあります。
ウミガメは意外と浜の奥の方まで登ってきて、とても大きくて深い穴を掘って卵を産むんですね。実際に生で見たのは初めてで、ビックリしました。
少しくらいの時化なら大丈夫というくらいの、確実な場所を選ぶようです。その辺りの場所は昼間でも立ち入り禁止にされています。

産卵は場所選びからして本当に大変で、少しでも気に入らない事があると、産むのを止めて海へ帰ってしまうそうです。なので、ウミガメツアーも写真撮影禁止で、ガイドさんに従ってそーっと静かに見なくてはなりません。
ウミガメとしては、子供たちの運命をそこへ預けて行く訳ですから、少しでも良い環境を選びたい気持ちは良く解ります。
次に行く時はきっと、ウミガメツアーを体験したいと思います。



sika04.JPG山の中には鹿が居て、時々親子など小さな群れに出会いました。
少し体が小さめの「ヤクシカ」という鹿です。本州にいるニホンジカの亜種です。
大抵の鹿は警戒心が強く、近づき過ぎると逃げてしまうのですが、縄文杉に訪れた時には、とても人懐こい鹿に会いました。お弁当を食べていたら手が届きそうなほど近くまで寄ってきたのです。
今は禁止されているそうですが、昔は地元の方が観光客向けに餌付けをしていたとか。

sika02.JPG
sika03.JPG


「ご飯食べてるの〜??」   −−−−−→    「何かちょーだい」


写真だけ撮らせて貰って(ズルイ/笑)、後は追い払いました。
「人間って嫌なやつ」と思わせた方が、彼らにとっても良い事でしょう。
今でも、観光客の方は餌付けをしてしまう人が多いのでしょう…ちょっと心配です。



saru02.JPG猿は山道沿いで群れていて、日向ぼっこや毛繕いなどしています。
猿もニホンザルの亜種で、少し小さめの「ヤクザル」と言います。登山をする方は「サル=去る」を忌み言葉とし、彼らを「大将」と呼んでいるみたいです。
子猿も沢山いて、とても可愛かったです。
あまり人や車を怖がらず(近づき過ぎると逃げますが)、のんびりしています。

saru03.JPG
saru01.JPG


しかし、ハプニングもありました。
山道は細く、すれ違うのがやっと…脇に避ける場所が在る所でしか、対向車と行き違う事が出来ません。
そんな道を、レンタカーを借りて走っている途中でした。
一匹の雄猿が正面から車に近寄ってきます。引いてはいけないとスピードを緩めると、雄猿はそのまま車に乗ろうとします。
「わ〜ヤバイ!窓閉めよう」
気持ちよく山林の空気を取り込んでいた窓を、辛うじて雄猿の襲撃前に閉じる事が出来ましたが、雄猿は車の上に乗ったまま、降りようとしません。

Tちゃんは持っていたビデオを回して、雄猿襲撃を撮影しています。本当は、それどころじゃないんですが…いやしかし、笑うしかない、ビデオを撮るしか出来る事が無い…ココで窓を開けて何か食べ物を放れば雄猿は車から降りてくれるでしょう。
でも、そうしてこの雄猿はこんなイタズラを覚えてしまったのだと思うと、易々と相手の思惑に応える事は出来ません。

クラクションを鳴らしたり、スピードを上げてから急ブレーキで振り落とそうとしたり、蛇行運転(危ないですが…他の車がいなかったので)してみたり、頑張りましたが如何ともし難い状況。。。雄猿は運転席側に居座って、車の運転を妨害します。何と頭の良い!

お手上げです。
狭い山道で、前が見えない状態ではこれ以上進むことも出来ません。
困り果てていると、道の向こうから対向車がやってきました〜!
しかも、超笑ってる!
先方はこちらが猿に襲われ困っているのを見て、手を叩いて笑っています〜(T_Tその上、ワザワザ車を止めて、写真を撮ろうと窓を開けて…
それを見るなり雄猿は標的を変更!こちらの車から飛び降りました。
「チャンス!」とばかりに、我々は猛ダッシュ!!
人身御供にしてごめんね〜と思いつつ、まんまと逃げ果せたのでした〜(^^;>



屋久島では、他にも動物との葛藤がありました。
泊めて頂いていたオジサンの家は、とても古く隙間が多く在りました。
実家もかなり古いですし、大学も古くて汚い場所だったので、慣れていて古さは全然気にならなかったのですが…今回は蟻にとても悩まされました。
泊めて頂いていた部屋に、小さな蟻がいつも行列を作っていて…ある日、カバンに飴を入れているのを忘れて寝てしまったら、次の日の朝にはカバンが蟻だらけに(>_<;
何と目ざとい!!!封もしてあるのに〜しかも、カバンも閉まっていたのに、僅かなファスナーの隙間から。。。

カバンも中身も全部洗って、飴ちゃんも処分して…もう大丈夫と思いきや、次の日には歯ブラシに(T_T
ケースに入ってたのに、どこにそんな隙間が???甘い匂いの歯磨き粉を使っていたちりが悪かったかも知れないけどさ…(-_-;

味を占めた蟻たちは、毎夜ちりの周りを探索するようになりまして…それからというもの、毎日のように蟻と戦っておりました。
蟻は屋久島じゃなくてもいるし…特別多いという訳でもないと思いますが、こんなに蟻と戦ったのは初めてで、軽くトラウマになりかけました(笑)
今では、懐かしい思い出です。



虫は、他にもキレイな蝶なども居りました。
森の中で、珍しい「ミドリシジミ」らしき蝶に出会い興奮しました。たった一瞬キラッと緑色に光って、ヒラヒラ飛んでいったのを見ただけなので…実際にミドリシジミだったかどうかは定かではないです(^^;>



さて、次回は遂に最終回、皆既日食です〜(^^
posted by ちり at 19:13| Comment(2) | 旅の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
○^^○ すばらしく 興 味 深い ブ ロ グ です ね★
 シーサーの rankingサイトで 貴方のブログを知りました。。
  新 しい 年 になり ましたね〜。
 今年の 旅行の予定 はお決まりですか?
  私は FC2で下記の旅行関係のブログを書いてます。
http://tavivitoblog62.zz.tc/fc2com
  ★ぜひ私のブログと相互リンクを張りませんか?
リンク仲間と共にアフィリやアクセスアップにも力を注いでます。ブログジャンルは問いません。よろしくお願いします。こちらにメール下さい。
plazarakutenhotelman■livedoor.com
※■を@に変えて下さい。
(URLとブログ名を明記して下さいね)
ではまた来ます。応援ポチ凸完了です!
Posted by ホ テ ル マ ン at 2010年01月29日 06:14
−−−−−
ホテルマンさん
−−−−−
書き込み、ありがとうございます。
そして、相互リンクのお申し出もありがとうございます(^^
このブログをお気に召して頂けたようで、嬉しいです。

今は旅日記を書いていますが、これは創作活動用のブログで、リンクも創作活動でお世話になっている方々に限られています。

折角ですが、今のところ創作活動以外のリンクを張るつもりはありません。
ごめんなさい(>_<

ホテルマンさんのブログは拝見して、お気に入りに入れました〜
暫く予定はありませんが、また旅行の際には参考にさせて頂きます!
−−−−−
Posted by ちり at 2010年02月04日 10:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。