2009年07月30日

旅の記憶-

宮古島には、たくさん美しいビーチがあります。白い砂浜に囲まれている島という感じです。

前に紹介した絶景スポット東平安名崎(ひがしへんなざき)に行った帰りに、新城(あらぐすく)ビーチに立ち寄りました。
シュノーケリングをする為です。今回が初めてのシュノーケリング…泳ぎが苦手なちりは内心ドキドキしていましたが、干潮時に訪れた為、殆ど珊瑚礁が剥き出しの状態で、泳ぐというよりも海の中を歩くという感じでした。

足元にまでキレイな小魚がやってきます。
餌付けする人がいるので、水中で指を抓む仕草をするだけで近寄ってきます。
その日は適当に切り上げて、次の日は満潮時(午前中早めの時間)に別のビーチに行く事にしました。

maipama.JPG

ここは前浜(まいぱま)ビーチ。
朝8時半頃、まだビーチには人がおらず、砂浜を独り占めした気分になりました。珊瑚礁が少ないようで、波が高かったです。
白い砂浜がずっと続いていて、遠くに来間(くりま)大橋が見えます。これは、来間島に続く海上の橋で、眺めは最高です!昼夜問わず、橋の上から釣りをしている人を良く見かけました。

maipama3.JPG
nami.JPG


シュノーケリングをするには、珊瑚礁が多く、波が少ない所の方が適しているので、別のビーチに行く事にしました。
そして、次に訪れたのが砂山(すなやま)ビーチです。



sunayama2.JPG小高い砂の山を、細かい砂に足を取られながら登りました。
少し雲が多く、時折雨が強く降ります。宮古島は、到着したその日から、ずっとそんな天気でした。
晴れているのに、局所的に急にスコールが降ります。大抵直ぐに雨は止んで、ギラギラ太陽光線であっと言う間に地面は乾きます。
そんな雨間に、黒くて大きなチョウが花の蜜を吸いに来ています。

砂山を登りきると、息を飲むほど美しいアクアブルーの海がそっと手招きしているようでした。


sunayama5.JPG
sunayama4.JPG



砂山を駆け下りて、人の少ない時間に一頻り写真を撮ると、支度をしてシュノーケリングを始めました。
丁度満潮という良い頃合で、海に入りました。ちりは泳ぎが苦手でプールでは25メートルも泳げませんが、海はプカプカ浮いているだけで大丈夫。護身用の浮き輪は必須(←ちりには)ですが、魚を眺めているだけで何時間も居られます。
珊瑚の上をプカプカ漂いながら、色とりどりの魚を追いかけました。

クマノミや、緑と黒の縞々の魚や、黄色と白のヒレが美しいのや…イラブチャーと現地で呼ばれているブダイの仲間は、青と緑やピンクのグラデーションが何とも言えないキレイな魚で、海の中でも目立ちました。岩陰には、小さな白い小魚の群れがキラキラ光りながら泳いでいます。
海の中にも砂浜が続いていて、波で砂紋が出来てとてもキレイでした。

潜り方も少し教えて貰って挑戦しました。しかし、鼻抜きが上手く出来ず、耳が痛くなってしまうので、長い時間潜るのはなかなか難しかったです。

sunayama3.JPG

海の中の写真を撮れなかったのが本当に残念です。別世界…自分が今まで触れたこの無い世界でした。竜宮城って、こんな感じかな?
すっかりシュノーケリングにハマってしまいました(^^目が悪いのでハッキリとは観れなかったのですが、大満足しました。
個人的には、砂山ビーチがお気に入りになりました。

ただ、日焼け対策は絶対必要です。ホンの少しの時間でも確実に焼けます…というか、火傷するそうです。
長袖を着て日焼け止めを塗り入ったので、足が少し赤くなった程度でした。



他にも、魅力的なビーチは各所に点在していて、全部を回る事は出来ませんが、どこも特徴があって絵になります。
目的地へ車を走らせている間にも、何箇所か風景の良い場所で車外に下りて写真を撮りました。




dokoka.JPG初めての沖縄…初めての離島で、こんなにも綺麗な景色を堪能してしまって、これ以上の場所なんかあるのかな?と思ってしまいました。




次回は、宮古島の美味しい食べ物を紹介したいと思います。
zeppeki.JPG



posted by ちり at 16:48| Comment(2) | 旅の記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速新しい記録が♪
嬉しいです〜☆

写真、どれもステキですね!

沖縄かぁ。。。
ちりさんのように、時間をかけてじっくりと
旅をしたいです〜〜!!
Posted by KANA@瑞祈 at 2009年07月31日 01:14
−−−−−
KANAさん
−−−−−
宮古島は3泊4日でしたが、十分楽しめました。でも、また行きたいなぁ〜
本当に、良いところですょ(^^

写真を家族に見せたら「凄く綺麗な色」と感激していましたが、ちりにはこの写真が随分色褪せて見えます。
写真を撮るのが下手…と言ってしまえば、それまでなのですが(^^;>

それほど、実物は輝いて綺麗でしたので、是非機会が在れば実物も見て欲しいです。
−−−−−
Posted by ちり at 2009年08月01日 19:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。