2016年09月20日

個展・Line Like Life ---

LLL_0918a.jpg無事 展覧会が終了致しました。
ご来場下さった皆様、ありがとうございました!

気付けば台風が近づいており・・・お嫁に行く作品たちも、待機中です(^^;ドンドン近づいて来ていますが、どうか何事も起こりません様に。

今回は期間中ほとんど在廊していたので、沢山の方とお話出来て、本当に充実した一週間でした。

あまり天気が良く無い中、6日間で数えただけでも200名以上の方にご来場頂き(土日は途中で数えるのを断念…)、ギャラリーの小さな空間がいっぱいの状態になる事もしばしば・・・人が居過ぎて入れなかった方もいらしたのでは・・・という感じでした(^^;
そこは、私が気を遣わないとダメな所ですが(汗)、知人が来ると話し込んでしまったりと、至らぬ所も在り申し訳なかったなと想います。

Twitterやクリマでお世話になっている方にもご足労頂けたり、4階のメインギャラリーで現在企画展をされている作家先生方(雲の上の方々です…)のご紹介など、クチコミでも沢山の方が来て下さって、新しい繋がりも出来たり、本当に自分は周りの方々に助けられているな〜と実感する日々でした。

私自身が、あまり自己アピールが得意でなく、営業的な売り込みを一切しない(出来ない(>_<;)分を、周りの方がして下さって・・・他力本願というか、こんなので良いだろうかと想いつつ甘えっぱなしです。
いつか知人(占い師ではない)に「ちりちゃんは、他人に伸し上げられて行く人」と言われた事がありましたが・・・予言が当たっているような!?(^^;
周りの方には、私の未来が見えているのかな?と、ずっと先の自分を見透かされている様な気分になる事があります。

それだけ、楽しみにして下さっているという事でもあるのでしょうけれど、恐れ多いというか、もっと頑張らなければと益々身が引き締まる思いです。



それにしても、自分は褒められるのが未だに苦手だな〜と、改めて考えさせられました。
古い育てられ方をした人間なので、どうも身の置き所がない用な(穴があったら入りたい)・・・批判された方がやる気が出るというか・・・「素直に喜べ」と自分に言い聞かせる日々でもありました。(これでも、子供の頃より素直に喜んでいます…)

褒められる→自分でダメな所を宣伝する→もっと褒められる・・・という形が方程式の様に確立されて来ていて、恐縮しまくってしまうという結果に(T_T
どんな場面でも、もっと堂々と自分を語れる様な人間になりたいです。



個展は、また暫く先の事になるかと思いますが、またグループ展など少しづつ予定を入れて行きたいな〜と考えています。
これからも、どうぞ宜しくお願い申し上げますm(_ _)m



今後の予定と致しましては・・・
11月26日に再びデザフェスに参加致します。
12月のクリマはお休みしますので、取り敢えず年内の予定はデザフェスのみとなっております。

来年の予定は、これから入れたいと思うので、年末頃にまたお知らせ致します!


これから、デザフェスの準備に入ります〜今回は、原画を少し持って行きたいと思います。
後は、新作のポストカードやレターセットも考えていますし、その他のグッズ(まだ秘密)も出来れば・・・と色々予定だけ立てています。

来年の干支の絵も、そろそろ本気を出して描かねばなりません。
健康第一で、頑張ります!(^^

いつも本当に、ありがとうございます。
私をここまで導いて下さった、全てヒト・モノ・コトに感謝しております。

優しさと、喜びをくれる全てに。
痛みと、苦しみをくれる全てに。
悲しみも憂いも、醜さも、全てが私を創る大切な存在です。
全て受け入れて、消化して、呼吸する様に・・・表現して生きたいと想います。
森の様に・・・
posted by ちり at 13:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

個展・Line Like Life --

LLL01.jpg日曜日に、無事搬入を終えて来ました。
雨の予報で心配していましたが、何とか降らずに済みました(^^

遂に、明日13日から個展が始まります!
2005年の初個展から11年・・・今回の個展は、とても想い入れの強いものになりました。



初めての個展は、2004年に発症した難治の病気の正体が解り、どう戦っていくかを模索中に、何とか開催にこぎ着けたという感じでした。
ただ「病気を理由に個展を諦めたく無い!」という一心だったのです。

その後、病気と戦いつつ制作は細々と続けていましたが、制作どころか日常生活もままならない状態が数年続きます。
日帰り旅行並みに遠方の専門医(地元に無いので)に辿り着いた頃には「なんでもっと早く来なかったの!」と医者に怒られるくらい、症状は多岐に渡り、又悪化していました。

更に数年の間その専門医に通い、投薬やら生活改善を行った結果、少しづつ病状は安定し、小康状態を保つ事が出来る様になって来ました。
漸く薬も通院も必要無くなった2012年の暮れ、私は一冊の本を手にします。

ハードカバーの10年日記です。
それまで、一年毎のカレンダーのようなものに制作記録を付けていましたが、2013年から10年日記に記録を付けることにしたのです。

病状が酷い時は呼吸困難でリアルな死にまみえたり、一息毎に肺に硫酸を流し込まれているのか…という位の苦痛の中で、辛うじて息だけをしている状態という事が良くあったので「今日も1日生きたな」・・・という日々の連続のようでした。
何の為に生きているのか・・・と自問自答し、「絵を描く為」との答えにしがみついていました。
その頃は一年先どころか、明日の自分の命すら信用出来ない状態でした。
物を買う時も「明日死ぬなら何を選ぶか?」という基準で生きていたのです。

その自分が、10年先まで書ける日記を買うなんて・・・大袈裟に聞こえるかも知れませんが、そこで初めて「自分はこの病気を克服したのだ!」と確信しました。



LLL03.jpgその日記も、現在すでに4年目を生きています。
今回の個展は回数こそ4回目ですが「初めて健康な状態で挑む事が出来た個展」でもあるのです。

根本的に病気が治った訳では無いので、病気になって出来なくなった事、食べられなくなった物などなど・・・今でも多々ありますが、自分の出来る範囲の事を出来る限りやって来た結果、こうして幸せに生きて居られるのは本当に有り難い事です。

この難解な病気を受け入れて、時に私自身よりこの体を気遣い、今もなお惜しみない協力をしてくれる家族や友人には、言葉では言い表せないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。

辛さや苦しさを、自覚無く我慢してしまう質で「大丈夫、大丈夫」と言いながら限界まで達し、後になって撃沈する…というバカな事を何度も繰り返し(汗)「あんたの大丈夫は信用出来ん!」と怒られたのも、今では良い思い出・・・ですょね(^^;ははは…その節はご迷惑おかけしました。。。ホントに懲りない人ですいません(T_T



そして、ちりの作品を愛し、応援して下さっている皆様にも本当に感謝申し上げます。

ご存知さんには良く「命を削って描いている」などと表されるちりの作品ですが、ただただ絵を描く為に生きていたちりは、皆さんの存在を闇夜に光る星のように感じていました。

LLL05.jpg今回の個展に当たっては、お仕事も減らして頂いて十分に制作出来る時間を作って頂いたり(>_<!
そんな周りの方々の優しさに支えられ、今回の個展を無事に開催する事が出来て、本当にちりは幸せ者です!
ありがとうございますm(_ _)m



〜Line Like Life〜は、「Line is like a life」でもあり、「線」と「好」と「命」でもあり、細かな違いの積み重なりが生み出す世界の表現でもあり・・・私の全てかも知れません。

皆様への感謝の気持ちを胸に、この一週間を自分自身も楽しみたいと想います。
会場で、お待ちしております。


☆今回「ブログ見てるよ」「ツイッターでフォローしてます」など、お声かけ頂いた方には、ささやかですがポストカードのプレゼントをさせて頂こうかな〜と思います(^^
どうぞ、お気軽にお声かけ下さい!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
松野ちり子線描画展 Line Like Life
9月13日(火)〜18日(日)
11:00〜18:00(最終日16:00)アートサロン彩1Fにて
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日曜日は13時まで不在ですが、他は在廊しております
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



最後にひとこと…

今回は個展という事で、既にお土産などをお考えの方もいらっしゃるかと思いますが・・・本人、気に病み過ぎて胃が痛くなるので(>_<; 私を精神的に追い詰めたい方以外は、必ず手ぶらで来て頂くよう、切にお願い致します(T人T)ホントに…ごめんなさい。
交通費を払って来て頂けるだけで、かなり恐縮です!
posted by ちり at 12:00| Comment(4) | 展示会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする