2016年07月21日

原画の小作品 販売開始

ebosi01s.jpgminneにて、原画の小作品の販売を開始しました。

現在はまだ、作品2点ですが・・・最終的に10点程展示する予定です。

個展で展示しない予定の作品たちです。
(作品集に掲載している絵です)

描くのが遅いとは言っても、意外とコツコツ制作して、数も着実に増えて来たんだな〜と思います(^^

最近は、細かい部分が少しづつ変わって来ています。
この小作品を描き始めたのは心境の変化からですが、描いて行くうちにまた変わり・・・何処かへ誘われて行く様です。
本当に自分の行きたい場所へ辿り着けるかどうかは、まだ解りません。
それが、楽しくもあり、怖くもあり・・・この作品たちは、その時々の自分の現実を映す鏡なのです。



ちりは、普段から気付いた事や感じた事を日記(という程コマメではない(^^;)や、スケッチブックに書き留めていますが、この小作品を描き始めたであろう頃の言葉が出て来ました。

「細かい線を必要としているのではなくて
必要とする線を求める結果、細かくなってしまった・・・
昔は完璧な線を求めていたけれど
今は決してそうではない。

完璧主義って一種の病気みたいなもの
定規で引いた様な正確な線が
本当に真実と言えるのか?美しいと言えるのか?
否、自分にはそう感じなくなっている。

もっと、揺らいでいて、不安定なもの、欠損しているもの・・・
そういうものの集合が、1つのものを創り出して
だから、生き物は不思議で
だから、美しいのだと・・・今はそう想う」

理想主義的だった自分が、何を求めて、又捨てて、本当に必要とするものに辿り着けるのか、今はその過渡期にいる様な気がしています。

どの作品たちにも、想い入れがあります。
その時にしか、描けなかった絵・・・ご覧頂けましたら幸いです(^^
posted by ちり at 14:53| Comment(2) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする